ウィッグのお手入れ

 

edu. エデュー 東京・札幌・大阪

 

 

 

0120-489-390 


ウィッグの洗い方-電解水で安全にカンタンに


私たちのお店ではウィッグの洗浄に、電解水を使用した方法をオススメしています。その理由として。

 

1 一番汚れが付着するのは、頭皮が触れやすいネット部分(ウィッグの裏側)

>>目の細かいネットに付着する皮脂汚れや汗が、ニオイや菌の繁殖の原因に。

 

2 ネットはしっかり洗いたい。でも、ウィッグは自分の髪のようにゴシゴシ洗えない。

>>どんなウィッグでも髪の部分は絡まりやすく、特に洗い方、乾かし方には注意が必要ですね。

 

3 電解水タイプのウィッグ洗浄剤だから気になるネットを中心に、ウィッグを付けておくだけで圧倒的な洗浄力を発揮。

しかも元々が「水」なので、濯ぎも手軽に終わります。

 

 

ちなみに…レストランなどの衛生管理を行う保健所が推奨する洗浄力テストでは、通常の界面活性剤などの洗剤よりも優れた結果を出せました!

 

それでは、私たちのお店でご案内しているウィッグの洗い方をご紹介します。

ウィッグの洗い方

            ⬆

毛先を内側面に、ネットが表になっている状態

<洗う前のワンポイント>

 

フルウィッグの場合は表裏を逆にして、ネットが上になるようにしてから洗浄液に浸して下さい。


①規定量のクレンジングウォーターと水で洗浄液を作り、ウィッグを入れる。



②洗浄液にウィッグを5分間浸した後、水で十分にすすいでください。

液に浸している間は揉み洗いは不要です。(汚れや皮脂は自然に剥離します)

すすぐ際は根本、中間、毛先の順にすすいでください。

 

※5分以上の浸け洗いは行わないで下さい。ウィッグの指通りが悪くなります。


③タオルで包み込むように全体を拭いたあと、自然乾燥させてください。

 

乾いてきたらFO(フィニッシングオイル)をウィッグから30cm離してスプレーし専用ブラシでといて下さい。

 

※FO(フィニッシングオイル)…ウィッグの静電気を防止します