2018.09.06

2018年秋のトレンドファッション | 大人の女性に似合う

ファッションは大好きだけど「最近、試着が面倒だわ」とか「新しい流行をチェックしたり、新しい服を探すのが億劫だわ」という声も…

 

でも、欲しいものを想像して、買うものを決めてお店に出かける。そしてお家に帰ってファッションショー。

 

お店で買った新しい洋服に袖を通す瞬間の高揚感はいくつになっても楽しいですよね。

流行を知る、好きなものを見つける、買い物って楽しいと思ってもらえるそんな秋のファッションをご紹介できればと思います。

 

 

 


流行りものだからと安くて素材の悪いものを選ぶと、シワが多かったり、いまいちデザインが好きじゃなかったり、体型に合ってないからと次第に着る機会も少なくなりませんか。

ご自身の体型にあったものを選ぶ事はとても大切です。気に入った上質な服はいつの時代も長く着たいと思えるものです。

 

手持ちのベーシック服に程よいアクセントを加える。

そんな秋にオススメのトレンドファッションをご紹介します。

各パーツ別オススメファッション

トップス

大人の女性だからこそこだわってほしいポイントは上質な素材や上品な細部のデザインを持ち合わせたファッションを是非選んでいただきたいと思います。

 

1. 大人の品格を上げるベーシックで上質なデザインニット。

 

2. 光沢のある素材や、上品な細部のデザインを使っているもの。

 

3. 顔映りの良い「ベリーカラー(パープルやピンク・ボルドー

  系)」の色合いで顔周りを明るく。

 

4. 流行りのビッグシルエットニット。

  ボトムは細身でバランスよく。 

 

5. ワンピースとしても、軽めのコート感覚でも使えるシャツ

  ワンピース。

  秋っぽいチェック柄やモノトーン色など素材もウールなど。

 

6. 差し色カーディガン

 

 


ボトム

秋にオススメの柄はタータンチェックやグレンチェックです。

タータンチェックやグレンチェックは色や柄も豊富で、大人の女性にはトラッドになりすぎるパンツよりはスカートで取り入れたいアイテムです。

 

また、今季トレンドカラーであるマスタードイエロー、テラコッタカラー、ディープグリーンなどもボトムなら取り入れやすいでしょう。

 

1.   タータンチェック

  形はタイトやフレアースカートなど長め丈がおすすめ

 

2.   グレンチェック

  落ち着いた色合いはスカートやパンツでも着回しやすい。

 

3.   コーデュロイやベロア素材などを使用したボトム

 

4.   縦ラインを強調した長め丈タイトスカート

 

5.   美しいシルエットをつくるテーパードパンツ

  センタープレスが入ったものがオススメ

 

6.   今年の秋カラーをボトムで取り入れる

  マスタードイエロー、テラコッタカラー、ディープグリーン

 

 


アウター

アウターは素材感を重視。

上質な素材を使ったコートなどはやはり見た目も光沢感も違います。ウールやカシミア生地などは美しい光沢感が大人の女性に上品さをプラスします。

 

1.   トレンチコート

  定番だからこそシルエットと細部のデザインにこだわって

 

2.   ムートンコート

  大人に似合うのはシンプルデザイン。 

  流行に左右されず長く着れるものをチョイス

 

3.   キルティングコート 

  モードとスポーティ両面で使えるすぐれもの。

  キルティングなので軽く、日常にも気にせず使えます。

 

4.   定番ウール・カシミアコート

  定番コートだからこそ素材にこだわりたい。

  上質なウールやカシミアは美しい光沢感があります。

 

一度クローゼットを見直して、定番のベーシック服に新しいファションをプラスしてみませんか。

秋色を一つ取り入れるだけでガラッと新しい雰囲気になりますよ。

 

 


モノトーンファッションに差し色カラー

いつまでも暑い日々が続く中、すでにお店のコーディネートは秋物に移行しているこの頃。

気づくと周りの服の色が夏色から秋色に変わり、服のコーディネートに悩む季節ですね。

 

秋冬に近づくにつれ服の色合いもモノトーンが増えて、手持ちの黒・白・ブラウン・紺・グレーなどのベーシック服の出番も多くなります。でも、モノトーンの色味ばかりでは全体的に暗い印象を与えがち、そのベーシック服に「差し色」として明るいカラーを取り入れることでレフ板効果もあり若見えも期待できるアイテムを投入してみましょう。

まず、「差し色」としてオススメの色をご紹介します。

1 パープル

2ラベンダー

この秋絶対使える色といえばパープル。パープル系は女性らしさを際立たせてくれる色味です。

ラベンダーのような淡い色合いですと面積の大きなロングフレアスカートに使うと上品なコーディネートに。

ゆるっとシルエットにはトップスをコンパクトなものを合わせるとスタイルよく見えます。

 

3フランボワーズ

4ビビットピンク

ベリカラーのフランボワーズやビビットピンクは、モノトーンコーデの差し色としてバッグなどの一点に使うとコーディネート全体の引き締め効果が抜群です。

 

5ボルドー

秋を代表する落ち着いた色の中でも一番人気の「ボルドー」。茶色味の強い赤です。

落ち着いた色味で大人っぽく、アクセントとしても見映えがします。

コーディネートの色数はできるだけ差し色1点とモノトーン系で合わせると、バランスよく全体がまとまってみえます。

 

6マスタードイエロー

差し色として人気のマスタードイエロー。

バッグやパンプス小物使いで使って引き締めてもよし。

モノトーンカラーとの組み合わせでツートンカラーとして使うとシックな雰囲気で大人っぽく着こなせます。

 

例えばトップスにマスタードイエロー、ボトムスにブラックを使うと秋っぽくなりますよね。

その際は小物もブラックで統一するとよりシックな雰囲気に。

 

逆にボトムスにマスタードイエローのロングスカート、トップスに黒の袖なしニットなど合わせると大人カジュアルコーデにもなります。

イエローは差し色として元気な印象を与えるので、お顔まわりがぱっと華やぎます。  

7レッド

差し色の代表格としてレッドは万能色。

トップスでもボトムスでも小物使いにも使えます。ただ、これから使う差し色レッドとしては秋をイメージした深みのあるレッドがオススメです。

あまり明るいレッドだと夏っぽいイメージになってしまいます。

 

レッドはモノトーンとの相性もよく秋のトレンドカラーでもあるグリーン系カーキ色にも取り入れやすいでしょう。

差し色としてリップに深みのあるレッドを使えば秋っぽく使えますよね。

服装に差し色を取り入れるのに抵抗がある方はバッグや靴、メイクなどに取り入れるとよいかもしれません。

8ディープグリーン

夏から人気のグリーン。今年の秋は深みのあるディープグリーンが使えます。

 

ディープグリーンは黒やグレーより軽やかに見え、ベーシックカラーとも相性が良い色味です。

黒・紺・グレーの組み合わせで重たく見えるコーディネートにディープグリーンを入れると、軽やかでおしゃれな雰囲気を出せます。

 

トップスやボトムにも深みのあるディープグリーンなら取り入れやすく、バッグや靴、これからですとスカーフなどの差し色として使ってみてもいいかもしれませんね。

素材も秋に向けてスエード素材を取り入れて秋を先取りしてみてもいいかもしれません。

私たちのお店では

トレンドカラーの中でもお肌の色味などの個性に合わせた、一番しっくりくるトレンドカラーの選び方を無料でレクチャー。

ヘアメイクやウィッグのご提案と一緒に、この秋を楽しめるトータル・コーディネートを楽しみませんか!

お問い合わせは各店まで。